• HOME>
  • ニュース・活動報告(詳細)

ニュース・活動報告(詳細)

 

2012年6月14日

成田空港を出発、ベトナムホーチミン市(タンソンニャット国際空港)に到着

◇サッポロベトナム(サッポロビール)を訪問
ホテルにチェックイン後、午後5時30分にサッポロベトナムを訪問。別府 修様(Director Salse & Marketing Division)から「ベトナム外食産業の現況」について丁寧な説明を受けました。サッポロベトナムは、2011年にロンアン省にビール工場をオープンし、本格的な営業を始めています。国民性や社会経済システムが異なる中での営業活動について、実例を交えた分かりやすい説明を受けました。その後、場所を飲食店に移し、別府様も交えて、サッポロプロモーションガールの推奨販売を体験、また、研修ではお聞きできなかったお話を伺いながら懇談しました。

サッポロベトナムの別府 修様
別府 修様と名刺交換
 
 

2012年6月15日

◇JETOROに立ち寄り、資料をピックアップ。

◇電通ベトナムを訪問
午前9時30分に、宿泊したホテルの隣のビルにある電通ベトナムを訪問しました。ホーチミン市には、電通ベトナム、電通アルファ、電通メディアベトナムの三社があり、電通ベトナムの取締役社長 佐々木信彦様と電通アルファの取締役社長 青木俊典様から説明を受けました。まず、佐々木様から「ベトナムの広告について、媒体事情を中心に」と題して、講演していただきました。ベトナムの一般事情として、人口、気候などから政治体制、経済情勢、国民性、流通事情等の講義を受け、その後、ベトナムの媒体事情について、テレビ、新聞、雑誌などの媒体特性や営業に関する事情などの講義を受けました。また、参加者からの質問には、青木様から答えて戴きました。佐々木様には、6月17日の夕食会に出席いただき、昼間の講演ではお聞きできないお話しを伺うことができました。

電通ベトナムの佐々木信彦様
電通アルファの青木俊典様
 

◇ベカメックス IDC CORP.を訪問
ホーチミン市の郊外、ビンズン省に移動し、午後2時に、ベカメックス IDC CORP.を訪問しました。同社の植松完二様からビンズン省ニュータウン開発計画の説明を受けました。ホーチミン市から車で約一時間の所に位置するミーフック工業団地、ベカメックスシティセンターなどの開発計画と現状の説明を受け、その後、将来ビンズン省の行政センターとなるビンズン新都市、東部国際大学などを視察しました。

ベカメックス IDC CORP.の植松完二様
 
 
開発地区の高層ビル
東部国際大学の模型の前で記念写真

◇APEX VNを訪問
ビンズン省からホーチミン市に戻り、午後6時に、APEX VNの直営レストランで藤井全彦様(President&CEO)の自己紹介のあと、フリーマガジンの「SKETCH」の現況やハードリカーやタバコなどの広告規制、関連の観光事業、今後の戦略などの説明を受けました。その後、藤井様と会食を共にし、懇談しました。

APEX VNの藤井全彦様と名刺交換

2012年6月16日

◇フリータイム

バイクがいっぱいの交差点
ベンタイン市場
68階建てのビテクスコ・フィナンシャルタワー

ベトナムホーチミン市(タンソンニャット国際空港)を出発。

2012年6月17日

◇成田空港に到着。